壁紙やカーテンなどを換えるとイメージがかなり変わり雰囲気を一新するのに効果的です。

 

しかし、サンプル見本などの小さな部分だけでこういった壁紙のクロスやカーテンの色や柄をみても実際に取り替えてみたときのイメージというのは違っていて、やってみないと難しいと感じることもあると思います。

 

見本では大きく見えた模様がクロスで貼ると小さく感じたり、色もサンプルよりも濃く感じたり、薄く感じたりすることもあります。そういった感覚はインテリアコーディネートのプロなどが経験でつかむものですが素人そうもいきません。

 

模様などは大きな壁では小さく見えますし、色も小さなサンプルでは隣のサンプルもあるので色の違いを感じやすいという傾向にあるのをある程度想定して選ぶようにするといいと思います。

 

床に近いほど濃い目の色のほうがコーディネートとして落ち着くこともよく言われていることです。クロスやカーテンは面積が大きいのでイメージよりも弱めのものを選んだほうがどぎつく仕上がってしまうのを避けることもできます。

そして、いつもの食卓の雰囲気がマンネリ化してきたなあ…という場合におすすめしたい、キッチンやダイニングのインテリアアレンジ術が「ランチョンマット」です。

基本のサイズはだいたいA4サイズですが、お好みに応じて変えても構いません。

布地屋さんで好きな柄の木綿を買ってきて裁断し、一気に端をミシン縫いしてしまえば出来上がりです。

お子さまとのランチならかわいいキャラクターのもの、大人が多いなら無地のものを…と、シーンに合わせて取り換えれば、それだけでいつもの食卓のムードが全く違うものに変わります。

特にシンプルな食器やカトラリーによく映えますので、いくつかお好みの種類を取り揃えておくのがおすすめです。

ランチョンマットは食べる際に使うもの、テーブル同様に汚れることを前提にしたものですので、洗いやすい生地を選ぶのがポイントです。

また、手洗いする必要はあるものの、ざっくりと織った目の粗い亜麻布などは、裁断しただけのものを敷いても素敵ですよ。

素焼きの器や、木製食器のお好きな方は、ぜひ組み合わせて使ってみて下さい。

PR|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|マッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|超SEO対策|ページランク別相互リンク集|工務店向け集客ノウハウ|全身脱毛 どこがいい|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|全身脱毛どこがいい|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|