ここ数年、おしゃれな女性の間では、インテリアにアンティーク家具やアンティーク調の家具を採り入れることが好まれているようです。古くから大切に使われてきた上質な材料をふんだんに使ったアンティーク家具やその洗練されたデザインを模倣した綺麗でコンディションの良いアンティーク調家具は、部屋の雰囲気をぐっと引き締めつつ、ぬくもり溢れる独特の雰囲気を醸し出す素敵なスパイスとなります。

でも住宅の内装そのものがシンプルモダンである場合、アンティーク家具とのバランスが難しいのも事実です。

アンティークと部屋をうまくなじませるコツは、内装の壁紙をクラシカルなものにすることです。中でもイギリスを代表するテキスタイルデザイナー、ウィリアムモリスの壁紙はお薦めです。植物や動物を象った自然風景を規則正しいシンメトリーの連続した構図で配置してゆくモリスの壁紙は、多少大胆な柄を選んでも安定感があり、落ち着いた雰囲気を演出出来ます。アンティーク家具同様、モリスのデザインは、時を経ても決して古臭さを感じさせない洗練された美しさで、飽きることなく部屋を素敵に彩ってくれるに違いありません。