インテリアの購入に関しては、大手の専門店ではなく自分自身の趣味に沿った商品が多く並んでいるセレクトショップの方を好む場合があります。
若いの場合はインテリアに関しては特にそういう傾向が強く、家内のインテリアの購入するときにはいつもおきにいりのセレクトショップに通うことにしています。
その特徴としてわかりやすいのは、欧州、北欧、アジアンテイストなどそれぞれの栃原に応じたインテリアが分類されて販売されているところがポイントです。定期的に自宅の模様替えをするにあたって、どのようなテイストで揃えようかと言うのを考えたときにこのような展示をしているセレクトショップの方が実際にインテリアを置いたときのイメージがしやすいのです。
確かに、家内の言うこともよくわかるところは何といっても限られたスペースながらも一般家庭の親として展示してあることが多いのです。
大分わかりやすい展示があるからこそ小さなセレクトショップでもインテリアに関しては商売が成り立つのだと思いました。

PR|壁紙で部屋の模様替え